高濃度酸素カプセル

高気圧酸素治療はデビット・ベッカムや斎藤佑樹をはじめ、多くのアスリートが使用した事で話題になりました。

酸素カプセルは人間ひとり分のスペースのカプセルの中に入り密閉し、横になって充満した酸素を吸入(通常と同じ呼吸)します。中は気圧が高めてある(約1.35気圧)ので、通常より血液中に酸素が溶けやすくなり、体の細胞に酸素が行き渡るようになると言われています。特に筋肉疲労には充分な酸素を取り込む事で、疲労の原因である乳酸等を素早く分解させ、コリや張りを解消する効果があります。
また、身体全体を均一に高加圧する事により、骨格や筋肉のバランスを整え、本来の形に戻す効果があります。

高濃度酸素カプセルの特徴

高気圧・高濃度酸素カプセルは、「ヘンリーの法則=液体に溶解する気体の量は、気圧に比例して増加する」を応用し、「溶解方酸素」を通常の3倍以上に増やし、カプセル内で高濃度酸素を吸入する事により「結合型酸素」を増やします。
また、身体全体を均一に高加圧する事により骨格や筋肉のバランスを整え、本来の形に戻す「レオロジー効果」も備えています。

期待できる効果
耳抜きサポート機能により「耳抜きし易い状態へ」

気圧の変化によって耳が痛くなる、と言った経験をされた方もいらっしゃるかと思います。CARRYで使用している高濃度酸素カプセルは、加圧時に「耳抜きが出来ないその時」すぐに減圧し、「耳抜きする前の気圧」に少しずつ戻し、耳抜きがし易い状態をボタン一つで操作出来る「耳抜きサポート機能」をカプセル内に設置しています。「鼓膜に負担の少ない加圧・減圧プログラム+耳抜きサポート機能」で耳抜きの苦手な方も安心してご利用頂けます。

料金
60分 2,000円(税別)